ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2006年06月01日 20時16分 公開

東芝、大企業向けVoIPに参入 アバイアと協業

東芝が500回線以上の大中規模IP電話システム事業に参入。日本アバイアと協業し、両社の販売網で売り込む。

[ITmedia]

 東芝は6月1日、国内大企業向けIP電話システム事業に参入すると発表した。日本アバイアと協業し、東芝の端末とアバイアの制御サーバを組み合わせ、両社の販売網を通じて売り込んでいく。今後3年以内に大中規模システム市場でトップシェア獲得を目指す。

 東芝はこれまで中小規模向けIP電話システムを販売してきた。今後は大企業でPBX(構内交換機)からIP-PBXへの置き換えが加速すると見て、500回線以上の大中規模システムに参入する。

 東芝が販売するシステムは、国内で主流のSIPに対応する。SIP技術に実績があるアバイアと国内向け仕様を共同で策定し、東芝はIP多機能端末とエンドユーザー向けアプリケーションを、アバイアがIP-PBXを担当した。

 6月7〜9日に開かれる「Interop Tokyo 2006」(幕張メッセ)に両社共同で出展する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.