ITmedia NEWS > 社会とIT >
ニュース
» 2006年06月07日 19時13分 公開

平成電電の電話・ADSLは日本テレコムに譲渡

破産手続き開始決定を受けた平成電電は、直収電話やADSLなど全電気通信サービスを日本テレコムに譲渡する。

[ITmedia]

 経営破たんした平成電電は6月7日、直収電話「CHOKKA」やADSL「電光石火」など電気通信サービスすべての事業譲渡契約を日本テレコムと結んだと発表した。譲渡は6月16日付けの予定。

 また平成電電コミュニケーションズのマイライン、中継電話サービスなども日本テレコムが事業譲渡を受けることで合意した。

 日本テレコムは、譲渡以降のサービスについては詳細が決定した後でユーザーに告知するとしている。

 平成電電は同日、東京地裁から破産手続き開始決定を受けた。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.