ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2006年07月12日 11時31分 公開

ソフトバンク、フュージョン買収報道にコメント

ソフトバンクがフュージョン・コミュニケーションズの買収を検討しているという一部報道に対し、ソフトバンクは7月12日、「報道機関による憶測記事」とコメントした。

[ITmedia]

 ソフトバンクがフュージョン・コミュニケーションズの買収を検討しているという一部報道に対し、ソフトバンクは7月12日、「報道機関による憶測記事」とコメントした。

 毎日新聞が12日付けで、ソフトバンクがフュージョンを買収する方向で最終調整を急いでいると報じた。ソフトバンクは「報道された内容は当社として機関決定し発表したものではない」とコメントしている。

 フュージョンは東京電力(東電)グループのパワードコム子会社だったが、今年1月のKDDIとパワードコム合併に伴い、東電傘下に入った。東電はフュージョンの売却先を探しており、イー・アクセスと売却交渉を行っていたが、合意に至らなかった経緯がある(関連記事参照)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.