ITmedia NEWS > 社会とIT >
ニュース
» 2006年08月02日 06時55分 公開

小売りサイトのポイントは「プラスアルファ」――米調査

商品購買者によるレビューや在庫情報へのアクセスなど、基本的機能「プラスアルファ」が今後のオンラインショッピングの集客の焦点になるという。

[ITmedia]

 米Cisco Systemsは8月1日、オンラインショッピングサイトについての調査報告を発表した。これによると、アウトドアグッズの米Cabela'sのサイトが、Best Buy、Costco、Wal-Martなどを抑えてユーザーの高い評価を得ている。

 調査は、米国内の主要な小売りサイトについて行われた。使いやすさ、カスタマイズの可否、コンテンツ、取引手続き、インタラクティブ機能の5項目を、ユーザーの視点から見て必要不可欠な「基本的機能」と、プラスアルファ的な「新規機能」とに分けて評価した。

 Cabela'sは、サイトの使いやすさや出荷/返品手続きといった「基本的機能」に加え、商品在庫へのアクセス、釣り・狩猟関連規制についての最新情報の提供、商品購買者レビューの充実といった、ターゲット客を意識した独自の「新規機能」も充実しており、高い評価を得た。調査では、ほかに基本的機能でBest Buy、Amazon.com、REI、Searsなどが、新規機能でAmazon.com、Wal-Mart、Office Depotなどが評価されている。

 報告では、これまでオンラインショッピングでは基本的機能を充実させることが集客につながったものの、今後はより付加価値の高い「新規機能」がポイントとなるだろう、としている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.