ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2006年08月10日 07時21分 公開

ACIDの会社が「アメリカンアイドル風」GarageBand対抗ソフト

AppleのGarageBandに対抗するこのソフトは、人気オーディション番組風の味付けがされている。

[ITmedia]

 米Sony Media Softwareは8月9日、コンテンツ製作のFremantleMediaのライセンシング部門、FremantleMedia Licensing Worldwide, Americasと共同で作曲ソフトウェアを開発すると発表した。新しいソフトウェアは「American Idol Jam Trax」と「American Idol Extreme Music Creator」。これらを使えば簡単にオリジナル音楽が作成でき、米国の人気番組「American Idol」のような気分を味わえるという。

 新しいソフトウェアのうち、初心者向けのAmerican Idol Jam Traxには、600以上のサンプル音楽やループが含まれる。ユーザーは、そうしたサンプルを使うほか、歌を録音したり、キーやテンポを変えたりして、オリジナルの音楽を作ることができる。作成した音楽は、ソフトウェア経由で電子メールで送信することも可能という。

 同社は、AppleのGarageBandが採用したループベースの音楽ソフトとして先駆者的存在のACIDをラインアップに持っている。

 上級者向けのAmerican Idol Extreme Music Creatorは、より高機能なソフトウェアで、プロのプロデューサーとほぼ同様な方法で作曲ができるという。歌を録音/リミックスし、CDにコピーすることも可能。さらに、American Idolの審査員の1人であるプロデューサー、ランディ・ジャクソン氏が手掛けたアドオンのサンプル音楽集「Randy Jackson's Producer's Pack」も無料で含まれる。

 いずれも2006年10月に販売開始予定で、American Idol Jam Traxは19.95ドル、American Idol Extreme Music Creatorは49.95ドルとなっている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.