ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2006年08月19日 07時21分 UPDATE

Apple、中国のiPod工場での労働環境調査を報告

一部で報じられたような子供の労働や強制労働は見られないものの、改善すべき点もあり、今後も調査/改善を進めていくとしている。

[ITmedia]

 米Apple Computerは8月17日、中国にあるiPod組み立て工場での労働環境調査報告を発表した。この工場で、児童労働や強制労働の例が見られるとの報道を受けてのもの。調査報告によると、報道されたような強制労働は見られないものの、Appleの社内規範に反する点もあり、今後も調査/改善を進めていくとしている。

 発端となったのは、英国の新聞Mail on Sundayの記事。中国のこの工場で強制労働が行われ、報酬は最低賃金に満たないなどと報じた。これを受け、Appleでは内部監査チームを結成、現地でインタビューや書類の調査、現場視察などを行い、労働基準、労働/生活環境、報酬、時間外労働、待遇の5分野について報告をまとめた。

 労働基準分野では、報道されたような強制労働や児童労働の例は見られなかった。労働/生活環境は社内規範を満たしているものの、労働者の宿舎に改善の余地があり、現在新しい宿舎を建築中だという。報酬に関しては、最低賃金は確保されており、無料健康診断なども行われるなど特に問題は見られないものの、報酬体系が複雑すぎるため、この点をAppleの規範に沿うよう改善中だという。

 時間外労働では、「労働時間は週60時間以下、1日以上は完全に休み」というAppleの規範以上の労働が行われていたと報告。今回調査した過去7カ月分のデータでは、35%が週労働時間を超過しており、25%が6日以上連続して働いていたという。規範では、繁忙期対応など例外的な労働時間の超過を認めてはいるが、状況を改善するため、運用方針の変更を行っているという。待遇面については、インタビューで、大部分の労働者が満足しているとの結果を得られたものの、懲戒のためとして2人が直立不動の姿勢を強制されたことも判明。こうした懲戒が行われないよう指導していくとしている。

 Appleでは、労働環境改善を目指す非営利団体Veriteと協力し、今後も状況の改善に努めるという。2006年中には、MacやiPodの組み立てを行っている全てのサプライヤー工場に対し、Appleの労働規範に反していないかの調査を完了するとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.