ITmedia NEWS >
ニュース
» 2006年08月22日 20時01分 公開

宇宙旅行中止の榎本さん、あきらめず「治療に専念」

ロシアの宇宙船で国際宇宙ステーション(ISS)に向かう予定だった元ライブドア取締役の榎本大輔さんが、「医学的な理由」で9月の出発を断念。次回のフライトに向けて治療に専念するとしている。

[ITmedia]

 ロシアの宇宙船で国際宇宙ステーション(ISS)に向かう予定だった元ライブドア取締役の榎本大輔さんが、「医学的な理由」で9月の出発を断念した。次回のフライトに向けて治療に専念するとしているが、次回の日程は未定という。

 Webサイト「Dice-K.com」で榎本さんは、「指摘されている問題点を治療すれば、訓練に復帰できると医学委員会に言われているが、9月のフライトには間に合わない。気持ちを切り替え、次のフライトに向けてまずは治療に専念したい」などとコメントを発表した。

 榎本さんは、日本人初の民間の宇宙旅行客として、旅費の2000万ドルを個人で負担し、宇宙に向かう予定だった。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.