ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2006年09月07日 08時03分 UPDATE

シリコンバレーの無料Wi-Fiサービス、CiscoやIBMが受注

Cisco、IBMを含むグループが、シリコンバレーの住民240万人に無料接続サービスを提供する、ワイヤレスネットワーク構築を受注した。

[ITmedia]

 Azulstar Networks、Cisco Systems、IBM、Seakayらが構成する「Silicon Valley Metro Connect」が、シリコンバレー地区の住民240万人に無料ワイヤレスサービスを提供するネットワーク構築を受注した。

 構築範囲は約1500平方マイル、42市町村が含まれる。同グループはCiscoのメッシュ型ワイヤレスインフラ技術でネットワークを構築。IBMはネットワーク設計と統合サービス、およびトラフィック管理ソリューションなどを提供する。Azulstarは802.11b/gサービスのネットワークオペレータとして機能し、Seakayは市町村や公共機関の要望を受けてネットワークのカスタマイズを行う。

 同団体は最高1Mbpsのデータ速度を無料提供。またVoIPと動画ストリーミング配信については、有料提供を予定している。

 新ネットワークでは、通常のネットワークがダウンした場合でも、警察、消防署、救急などが利用可能な代替ネットワークを準備するほか、医療関係者はいつでもどこでも情報にアクセス可能、学生にも便宜を図るなどのプランを検討している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.