ITmedia NEWS >
ニュース
» 2006年09月12日 18時18分 公開

DSL契約者数、初の減少

[ITmedia]

 総務省がこのほど発表した、6月末時点でのブロードバンドサービス契約者数の調査結果によると、DSLの契約者数が3月末の1452万から3万減り、1449万となった。DSL契約者数が減少したのは初めて。

 DSLは主に都市部など一部で減少傾向だが、その他の地域では漸増を続けているという。

 ブロードバンド契約者数の合計は2422万と、3月よりも92万増えた。FTTHは631万(3月より85万増)、CATVは341万(同10万増)だった。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.