ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2006年10月05日 12時13分 公開

「飛行機に持ち込めます」――ノートPC用の外付けバッテリー

リチウムイオンバッテリーが問題となる中、米Valenceが外付け型のノートPC用バッテリーをアピールしている。

[ITmedia]

 過熱や発火とは無縁の薄型バッテリーはいかが――リチウムイオンバッテリーの発火問題が拡大する中、米Valence Technologyが、ノートPC用の充電型バッテリー「N-Charge Power System」の売り込みを行っている。

 N-Charge Power Systemは、Valenceが特許を持つ「Saphion」技術を採用。リチウムイオンバッテリーとは異なり、リン酸をベースとした陰極材料を利用している。過度の充電やショート時でも安定しているため、通常条件での使用時に過熱し、発火を引き起こすようなことはないという。

 N-Charge Power Systemは、充電型のPC用外付けバッテリー。サイズは厚さ13ミリ、縦横サイズはA4版よりやや幅広の230×300ミリで、書類やノートPCと共に持ち運びできる。Apple、Dell、富士通、IBM/Lenovo、東芝のPCを含む、多くのノートPCに対応している。2種類のモデルがあるが、上位モデルの駆動時間は最長10時間、充電時間は3〜4時間。PCに組み込まれたバッテリーの代わりに主要電源として利用することもできる。

 N-Charge Power Systemは、Webサイトからオンラインで購入できるほか、DellなどのPCサプライヤー経由でも購入できるという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.