ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2006年11月04日 08時06分 公開

アドウェアメーカーZango、300万ドル支払いでFTCと和解

ポップアップ広告に悩まされる消費者には朗報となった。

[ITmedia]

 米アドウェアメーカーのZangoは、不正な手段で消費者に広告をダウンロードさせたとして、米連邦取引委員会(FTC)に提訴されていた件で、300万ドルを支払うことで和解した。

 ZangoはアドウェアメーカーHotbarと180solutionsが合併、今年6月に誕生した会社。

 今回の和解により、Zangoは今後消費者の同意なしにはアドウェアをインストールすることができなくなった。またインストールした場合でも、後に簡単に削除できるようにする必要がある。

 FTCによれば、Zangoは他社を利用し、スクリーンセーバーやファイル共有ソフトなど無料ソフトウェアを配布する際、消費者に断りなくアドウェアをインストールしていた。またWebブラウザの脆弱性をついて、勝手にインストールしたケースもある。これらアドウェアは、消費者のネット利用を監視し、ターゲット広告を表示する。同社のアドウェアは、これまで米消費者のPCに7000万回以上インストールされ、69億回以上ポップアップ広告を表示したとされる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.