ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2006年11月07日 07時23分 公開

FCC、電力線ネットをブロードバンド接続と同等に区分

電力線ブロードバンド(BPL)が、CATVやDSLによるブロードバンド接続と同等に扱われることになった。

[ITmedia]

 米連邦通信委員会(FCC)は11月3日、電力線によるインターネット接続(BPL)を、情報サービスに区分すると発表した。これにより、BPLにはCATVやDSLによるブロードバンド接続サービスと同等の規制が適用されることになる。

 FCCはBPLによるインターネット接続サービスの基礎となる転送技術を「テレコミュニケーション」と判断、提供されるサービスを情報サービスと定義づけた。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.