ITmedia NEWS > 速報 >
速報
» 2005年12月20日 08時12分 UPDATE

米電力会社とプロバイダーが電力線ブロードバンドで提携

米国初のブロードバンド対応スマートグリッドが、電力会社のTXTとBPLプロバイダーのCURRENTの提携により実現する。ユーザーはコンセントにプラグを差し込むだけでサービスを利用できるようになる。

[ITmedia]

 米電力会社のTXUと電力線ブロードバンド(BPL)プロバイダーのCURRENT Communications Groupが手を組んで、12月19日、テキサス州でBPLサービスを提供する計画を発表した。

 TXU Electric Deliveryの電力供給網を利用して、CURRENTが米国初のブロードバンド対応スマートグリッドを構築。音声・ビデオ・高速インターネット接続を含むブロードバンドとワイヤレスサービスを、テキサス州の企業と家庭向けに提供する。ユーザーはコンセントにプラグを差し込むだけでサービスを利用できる。

 BPLネットワークの設計、敷設、運営にはCURRENTが当たり、2006年をめどに導入予定。これによってTXUは電力網をリアルタイムで監視できるようになり、メーターの自動読取機能の導入も可能になる。TXUはこうしたスマートグリッド機能の利用と引き換えに、10年間で1億5000万ドルを支払う。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.