ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2006年11月10日 07時41分 公開

Disney、「パイレーツ・オブ・カリビアン」などが好調で増収増益

Walt Disneyの7〜9月期決算は、映画事業が好調で、売上高は前年同期比14%増の87億8400万ドル、純利益は前年同期の約2倍の7億8200万ドルの増収増益。

[ITmedia]

 米Walt Disneyが11月9日発表した同社第4四半期(7〜9月期)の決算は、映画事業のスタジオエンターテインメント部門が好調で、売上高は前年同期比14%増の87億8400万ドル、純利益は7億8200万ドル(1株当たり36セント)で、前年同期の3億7900万ドルから倍増した。

 部門別では、映画「パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト」が好調だったスタジオエンターテインメント部門の売上高が20億500万ドルで、前年同期から33%増と好調。テレビ事業、テーマパーク事業など、すべての部門で増収となっている。

 通年では、売上高は342億8500万ドルで前年から7%増加、純利益は33億7400万ドル(1株当たり1ドル64セント)で同33%増加し、いずれも過去最高を記録。買収したPixarとの合作映画「カーズ」のヒットなどが貢献した。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.