ITmedia NEWS > 社会とIT >
ニュース
» 2006年11月16日 18時01分 UPDATE

薄型テレビの色に強い関心 色意識の「プロ化」進む日本人

日本色彩研究所の調査によると、映像機器の中でも薄型テレビの色に関心を持つ人が際だって多いという。日本人は色への関心が高まっており、色意識の「プロ化」も進んでいるという。

[ITmedia]

 11月16日は「イイイロの日」。財団法人の日本色彩研究所(色研)がまとめた日本人の色意識に関する調査によると、薄型テレビの色に関心が高いユーザーが、他のデジタル機器に比べ多いことが分かった。

 また日本人の色意識は「プロ化」が進み、身の回りのもの1つ1つの色を楽しむだけでなく、色の組み合わせ全体を重視する傾向があるという。

 調査は今月、首都圏の20〜69歳の男女を対象にネットで実施した。有効回答は411。

 日常使う映像機器に「こだわりがある」のは全体の58%で、「色彩に関心がある」と答えた人に限ると65%、「色彩に非常に関心がある」と答えた人では79%に。色彩に関心が高い人ほど映像機器への関心も強い傾向にあった。

 各機器について重視する点として「色のきれいさ」を挙げた人は、薄型テレビでは52.8%と半数を超え、薄型テレビで重視する項目のトップに。色のきれいさを挙げた人はPCモニターでは41.6%、デジカメでは32.8%で、薄型テレビの色への関心は際だっていた。景色や風景、人物の映像を見た時にテレビの色の違いを感じるという答えが多かった。

photo ニュースリリースより

 調査では、色彩に関心があると答えた人が全体の74%を占め、女性では8割を超えた。「非常に関心がある」と答えたのは全体の18.5%となり、1970年代から続けてきたこの調査で過去最高。「色への関心は高まっている傾向にある」と見ている。

 身の回りのものの色にこだわるという人は7割。また商品やインテリアなどのカラーバリエーションは多いほうがいい、という人は8割に上った。さらに、建物の色と景観の調和などを重視する傾向も見られ、単に好きな色を選ぶだけではく、色を組み合わせる意識への変化の表れが読み取れるという。

 色研は「色と色との関係性に注目し、より大きな視点からとらえるという姿勢は色彩設計のプロが行うやり方に他ならない。日本人の色彩意識のプロ化は確実に進んでいる」と分析している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.