ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2006年12月04日 18時42分 公開

MSとSamsung、HSDPAスマートフォン発表

Samsungのi600はWindows Mobile 5.0を採用し、フルQWERTYキーボードを搭載する。

[ITmedia]

 韓国のSamsung Electronicsと米Microsoftは12月4日、Windows Mobile搭載の3Gスマートフォン「Samsung Ultra Messaging i600」を発表した。

 同製品はOSにWindows Mobile 5.0を採用し、HSDPAネットワークに対応する。厚さ11.8ミリ、重さ99グラムと軽量ながらフルQWERTYキーボード、1.3メガピクセルカメラを備える。

 プッシュ型電子メール、ポッドキャストやRSSなどに対応し、音楽再生機能、テレビ電話機能も持つ。Pocket MSNを内蔵し、デスクトップと同じMSN Messenger体験を提供する。HSDPAのほか、Wi-FiやBluetoothもサポートする。

 i600はアジア太平洋地域および欧州で2007年第1四半期に発売される。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.