ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2006年11月14日 11時34分 公開

QWERTYキーボードの「BlackJack」、Cingularが提供

Cingularが提供するSamsung製のBlackJackはWindows Mobileを搭載し、MP3再生機能などマルチメディア機能を備える。

[ITmedia]

 米キャリアCingular Wireless、米Samsung Telecommunications America、米Microsoftは11月13日、QWERTYキーボード搭載のスマートフォン「BlackJack」を発表した。

 同製品はWindows Mobile 5.0、動画撮影も可能な1.3メガピクセルカメラ、QVGAカラーディスプレイを搭載した薄型モデルで、Cingularの3Gサービス「BroadbandConnect」に対応する。

 マルチメディア機能に関しては、MP3再生機能を備え、NapsterやYahoo!の音楽サービスなどのコンテンツも利用できるCingularの会員制音楽サービス「Cingular Music」に対応、XMの衛星ラジオ放送も視聴可能だ。Cingularのオンデマンドビデオストリーミングサービス「Cingular Video」も利用できる。同サービスでは「ザ・ソプラノズ」などのテレビ番組やニュースが提供される。

 通信面では、Bluetoohをサポートし、Cingularの3GネットワークとEDGEネットワークに接続可能。これらネットワークに最適化されたInternet Explorer(IE)Mobileや、Good Technology開発のメッセージング技術「Good Mobile Messaging」、Microsoftのダイレクトプッシュ型技術などを搭載し、ワイヤレスで予定表やアドレス帳を同期化することもできる。

 BlackJackは11月16日に、2年間の契約付きで199.99ドル(100ドルのメールインリベート適用後)で米国で発売される。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.