ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2006年12月13日 07時30分 UPDATE

MS、「Office Communications Server 2007」をβ公開

Microsoftは、Office Communications Server 2007をIT関係者2500人を対象にβ公開した。VoIP機能のほか、Office 2007のアプリケーションからの直接電話も可能。

[ITmedia]

 米Microsoftは12月11日、企業向け音声通信サーバ「Microsoft Office Communications Server 2007」のβ版を、ITプロフェッショナル2500人を対象に公開した。

 Office Communications Server 2007は「Microsoft Live Communications Server 2005」の後継で、既存の企業内電話インフラにVoIP機能を統合する。Office Word 2007やOffice Outlook 2007、Office CommunicatorなどのMicrosoft Office 2007アプリケーションから、クリック1つで直接電話をかけられるようになる。

 SIP(Session Initiation Protocol)をネイティブサポート、Nortel Networks、Alcatel-Lucent、Avaya、Cisco Systemsなどの通信機器と互換性があるという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.