ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2006年12月14日 07時59分 公開

Skype、北米のユーザー向けに「年定額制」プランを発表

Skypeが北米のユーザーを対象に、定額料金で固定/携帯電話への通話が無制限に行える新プランを発表した。2007年から運用開始する。

[ITmedia]

 インターネット電話のSkypeは12月13日、北米のユーザーを対象とした新サービスプラン「Skype Unlimited Calling」を発表した。現在、Skypeから固定/携帯電話への通話(SkypeOut)には分当たりの料金が適用されているが、Skype Unlimited Callingでは、北米地域内の相手への通話に限り料金を定額化。12カ月間29.95ドルの料金で、地域内でのSkypeOutが無制限に利用できる。

 Skypeは現在、北米でSkypeOutを無料で提供するキャンペーンを、2006年末までの期間限定で行っているが、このキャンペーン終了後に新プランSkype Unlimited Callingを導入する。2007年1月31日までにSkype Unlimited Callingに登録したユーザーには、特別割引価格の年間14.95ドルが適用されるほか、北米外へのSkypeOutが無料になる100分相当分のクレジットと、Skype関連のハードウェア購入で利用できるクーポンが贈られる。

 Skypeでは、Skype Unlimited Callingプラン導入後も、従来の分当たり料金制SkypeOutプランも引き続き提供する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.