ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2006年12月20日 08時14分 公開

3Dで人物を識別する画像検索技術が登場

この新技術では、写真を3Dで認識することで、写真の中の人物を識別する。ブラウザのプラグインのβ版とAPIが、2007年第1四半期に公開される予定。

[ITmedia]

 スウェーデンのベンチャー企業Polar Roseが、新しい画像検索技術を発表した。写真を3Dで認識することにより、中に写っている人物を識別し、同じ人物が映ったほかの写真の検索が可能になるという。

 Polar Roseは、こうした技術をブラウザのプラグインとしてユーザーに提供する。Polar Roseのプラグインは、2007年第1四半期にβ版を公開予定。FirefoxとInternet Explorerに対応する。

 Polar Roseの技術は人物を区別することはできるが、検索のために「顔面認識技術だけに頼ることはしないし、できない」とPolar Rose。その人物が誰であるか、ほかの写真のどの人物と同一人物であるか、といった情報をユーザーがインプットすることで、「ユーザーはわれわれのソフトウェアを訓練することができる」という。こうした情報収集のため、プラグインは、写真の中の人物を認識すると、その人物の襟元に「バラのマーク」を表示。ユーザーは、そのマークをクリックして、その人物にタグをつけたり、ほかの写真と関連づけたりできるようになっている。

photo 人物の襟元にマークをつける

 Polar Roseは、写真共有サイトやニュースサイトに対しては、この技術のAPIを提供する。各サイトは、APIを無料で利用する代わりに、ユーザーが「バラのマーク」をクリックして入力した情報をPolar Roseに提供、ソフトウェアの「訓練」に役立てるという仕組みになっている。APIの提供も2007第1四半期中を予定している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.