ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2007年02月23日 07時36分 公開

MS、「Virtual PC 2007」など、Vistaへの移行支援ツールを公開

Microsoftが、企業のVista環境への移行を支援する各種ツールを公開。各ツールは、Webサイトから無料でダウンロードできる。

[ITmedia]

 米Microsoftは2月20日、Windows Vistaへの移行を支援する各種ツールを公開した。ネットワーク内のハードウェアやアプリケーションがVista対応かを確認できるツールや、ボリュームライセンスの認証ツールなど、企業のVistaへの移行を計画から実際の装備まで、各段階で支援するツールだという。

 仮想化ソフトウェアの最新版「Virtual PC 2007」は、Windows Vista向けに最適化。1台のPC内で、Vistaと旧バージョンのOSを同時に稼働させることができるため、企業は以前のWindows環境を維持しながら、Vistaへの移行を行うことができる。Virtual PC 2007はWebサイトから無料でダウンロードできるが、利用するWindows各バージョンについてはライセンスが必要。

 「Application Compatibility Toolkit 5.0」は、企業が利用する各アプリケーションが、Vistaと互換性があるかどうかをVista導入前に確認できるツール。「Windows Vista Hardware Assessment 1.0」では、ネットワーク内の各ハードウェアのVista対応可否のほか、Vistaへのアップグレードのために必要なリソースも確認できる。また、Vista導入時のボリュームライセンスの認証ツール「Volume Activation Management Tool」や「Key Management Service for Windows Server 2003」、Vista装備のための包括的なガイドライン「Solution Accelerator for Business Desktop Deployment 2007」なども公開されている。

 各ツールは、Webサイトから無料でダウンロードできる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.