ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2007年02月24日 09時17分 UPDATE

Samsung、データ転送速度を66%更新のGDDR4を発表

Samsung Electronicsが発表した新しい512メガビットGDDR4は、現状の「世界最速」を66%上回る4Gbpsのデータ転送速度を持つ。

[ITmedia]

 Samsung Electronicsは2月23日、データ転送速度が4GbpsのGDDR4 DRAMを発表した。現状、商用ベースで「世界最速」とされる2.4Gbpsに比べ、66%の高速化を実現する。

 GDDRは、PCやゲーム機の動画やグラフィックスデータを処理するためのメモリ。今回発表されたGDDR4は512Mビット密度で、データバス構成は32ビット。製造には80ナノメートル(nm)技術を使用している。

 Samsungでは、この新しいGDDR4のサンプル出荷を今月中に開始する予定。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.