ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2007年03月12日 19時31分 UPDATE

06年プリンタ市場はマイナス インクジェット複合機は増加続く

[ITmedia]

 ガートナージャパンが3月12日まとめた2006年の国内プリンタ市場調査結果によると、出荷台数・金額ともにマイナス成長になった。台数の8割以上を占めるインクジェット機の市場が成熟し、マイナスに転じたため。

 出荷台数は前年比2.1%減の851万4000台、金額は3.2%減の3539億4800万円。前年好調だったインクジェットはマイナスに転じたが、複合機は4256万台と19.7%増加した。市場シェアトップはキヤノン(38.8%)。次いでセイコーエプソン(37.2%)だった。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.