ITmedia NEWS >
ニュース
» 2007年03月16日 19時47分 UPDATE

地デジ活用 京都の花見客をPiTaPa加盟店に誘導

[ITmedia]

 京都放送(KBS京都)とスルッとKANSAIは、関西の私鉄や加盟店で利用できるポストペイ型ICカード「PiTaPa」と、地上デジタル放送のデータ放送、ワンセグ放送を組み合わせ、京都の花見客をPiTaPa加盟店に誘導する取り組みを、このほど始めた。

画像 桜日記トップページ

 KBS京都の地上デジタルデータ放送とワンセグ放送に新コンテンツ「桜日記」を追加。桜の名所である円山公園、鴨川、嵐山の桜の画像を、それぞれ週2〜3回更新する。

 データ放送では、桜の名所近辺のPiTaPaカードが使える店舗情報と、QRコードを表示。携帯電話でQRコードを読み取ると、詳細な情報を確認できるサイトにアクセスする。ワンセグ放送の桜日記にも同サイトへのリンクを張る。

 KBS京都は「桜という心騒ぐ情報と、実際にお花見に電車に乗って行き、飲み食いするまでを、地デジとPiTaPaを組み合わせたソリューションで一貫して提供していきたい」としている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.