ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2007年05月09日 07時28分 公開

アイカーン氏、Motorolaの取締役就任ならず

株主総会での役員選出投票で、アイカーン氏が取締役に就任しない公算が高まった。

[ITmedia]

 米Motorolaは5月7日、同日行われた株主総会での役員選出投票後の調査により、現役員全員が再選となり、カール・アイカーン氏は選出されなかった可能性が高いと発表した。

 「取締役会を代表し、株主の皆さんの変わらぬ支持に感謝する」とエド・ザンダー会長兼CEOは述べた。

 株主総会の投票終了前に、Motorolaとアイカーン氏の双方が集めた委任状は、最終集計と監査のために、投票の独立検査機関であるIVS Associatesに渡されたという。投票の最終結果は、数週間以内に明らかになる見通しという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.