ITmedia NEWS > セキュリティ >
ニュース
» 2007年05月11日 11時37分 UPDATE

SP未適用のWindows Server 2003 RTM、サポート終了

Windows 2003 RTM/Goldのサポートが打ち切られた。5月の月例パッチはSP1以降のみが対象となっている。

[ITmedia]

 MicrosoftのWindows Server 2003 RTM/Gold版のサポートが終了した。ユーザーはSP1/SP2に切り替えるべき時だとSANS Internet Storm Centerは促している。

 Microsoftに確認した情報としてSANSが伝えたところでは、Windows 2003 RTM/Goldは4月10日でサポートが打ち切られた。5月の月例セキュリティアップデートでリリースされたWindows 2003向けのパッチ(MS07-027/MS07-028/MS07-029)は、SP1以降のみが対象となる。

 RTM/Gold版をまだ使っている場合はSP1/SP2を導入した方がいいとSANSは指摘。もしも導入できない場合、Microsoftの延長サポートプログラムを利用すれば、有料でパッチを入手できることもあるという。

 なお、SP1のサポートは2009年4月14日に終了予定、SP2は未定。各製品のサポート期限についてはMicrosoftのサイトで情報を提供している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.