ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2007年05月26日 08時54分 UPDATE

Boingo、FONと提携――利用可能なアクセスポイントが大幅増

米国のホットスポットサービスであるBoingoが、無線LAN共有のFONと提携、アクセスポイントが13万カ所増える。

[ITmedia]

 米Boingo Wirelessは5月24日、無線LANアクセスポイント(AP)共有サービスを展開するスペインFONとの提携を発表した。今回の提携により、Boingo加入者が利用可能なAPが13万カ所増加する。

 Boingoが提供する、Wi-Fi対応携帯電話向けのサービス「Boingo Mobile」の加入者も、IP電話を利用できる範囲が一気に拡大する。Boingo Mobileは月額7.95ドルで世界中のBoingoのAPに無制限に接続できるサービスだ。

 Boingoは世界150社以上660を超えるWi-Fiネットワークと提携している。FONは個人の無線LANを開放し、ほかのメンバーのAPを利用できるようにし、世界中にWi-Fiネットワークを拡大している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.