ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2007年05月31日 10時02分 公開

Samsung、携帯向け「容量4Gバイト」チップパッケージのサンプル出荷開始

Samsungが、4Gバイト版「moviNAND」を搭載したマルチチップパッケージ「moviMCP」を発表。携帯端末の小型化と、設計の簡略化が可能になるという。

[ITmedia]

 韓国Samsung Electronicsは5月30日、3G携帯端末向けのマルチチップパッケージ「moviMCP」のサンプル出荷を開始したと発表した。moviMCPは、コントローラ内蔵型フラッシュメモリ「moviNAND」の4Gバイト版を搭載している。このため端末に外部メモリカード用スロットを設ける必要がなく、端末の小型化と設計の簡略化が可能になると同社は説明している。

 moviMCPでは、moviNANDメモリに加え、プロセッサのサポート用として1GビットのモバイルDRAM、携帯端末の通常機能用に2GビットのNANDフラッシュを組み合わせた。複数のメモリ機能を積み重ねることで、小型化を実現したという。

 moviMCPに搭載された4GバイトのmoviNANDは、16GビットNANDフラッシュ2個とコントローラで構成されている。moviNANDでは、MultiMediaCard Association(MMCA)標準のeMMCインタフェースを採用したほか、コントローラを組み込んだことで、NANDフラッシュの種類ごとに異なるインタフェースを開発する必要がなくなった。結果として、端末設計の簡略化が可能だとしている。

関連キーワード

NAND | Samsung


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.