ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2007年05月31日 11時36分 公開

MS、新メールソフトやブログ編集ツールをβリリース

ブログ編集ツール「Windows Live Writer」、Outlook Expressの後継「Windows Live Mail」、Windows Live Messenger 8.5のβ版がリリースされた。

[ITmedia]

 米Microsoftは5月30日、新しいWindows Liveサービス3種のβ版をリリースした。

Windows Live Writer β2

 Live Writerはブログを編集するためのツールで、昨年夏に最初のβ版がリリースされた。

 β2では、インラインスペルチェック、テーブル編集、カテゴリー追加機能、WordPressおよびTypePad対応のページオーサリングなどの新機能が追加されている。SharePoint 2007サポートや、ブログサービス各社のカスタムエクステンションに対応した新しいAPIも加わり、Windows Live Galleryとも統合されている。

Windows Live Mail β

 「Windows Live Mail」は、Outlook ExpressおよびWindows VistaのWindows Mailの後継となる電子メールクライアント。

 Windows Live MailはVistaのAeroに対応し、フォルダを折りたたみ表示できる「Compact View」フォルダ、広告表示をオフにできる機能、アドレス帳に登録されているユーザーの情報を表示する「Summary」タブなどが追加されている。今月初めにスタートした「Windows Live Hotmail」にも対応する。

Windows Live Messenger 8.5 β1

 インタフェースやセットアップが変更されたほか、新しい顔文字が追加されている。

 これらβ版は英語、フランス語、日本語、ドイツ語、中国語(簡体字)、スペイン語に対応、Microsoftのサイトから無料でダウンロードできる。

関連キーワード

Microsoft | Windows Live | Windows Live Messenger


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.