ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2007年06月01日 09時45分 公開

新RealPlayerはワンクリックでビデオダウンロード可能

RealNetworksが6月にβ版をリリースする新しいRealPlayerでは、Web上のビデオクリップのダウンロードが可能。CDやDVDへの記録もできるという。

[ITmedia]

 米RealNetworksは5月31日、新バージョンの「RealPlayer」を発表した。新しいRealPlayerでは、Webサイトからビデオクリップを、ワンクリックでダウンロードできるほか、ダウンロードしたビデオをDVDやCDに記録することもできるという。新RealPlayerは、β版が6月にWebサイトからダウンロード可能となる。

 新RealPlayerでは、ダウンロード可能なビデオクリップの横に「download this video」ボタンがフロート表示され、これをクリックするだけで、動画がダウンロードできる。ビデオクリップを見ながらダウンロードできるほか、複数のビデオクリップを同時にダウンロードすることも可能。CDへの記録もできるほか、RealPlayer Plusを利用すると、DVDへの記録もできる。ただし、ダウンロードしたり、CDなどへの記録が可能なのは、デジタル権利管理(DRM)で保護されていないコンテンツのみ。

 新RealPlayerは、Realフォーマットのほか、Windows Media、Flash、QuickTimeのフォーマットにも対応。6月にリリースされるのは、Internet ExplorerとMozilla Firefoxで利用可能なWindows対応版で、年内にはMac対応版の提供も予定している。

 RealNetworksでは、さらに次のバージョンのRealPlayerを開発中。Web上のビデオコンテンツを携帯端末に転送できる機能を追加する予定だという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.