ITmedia NEWS >
ニュース
» 2007年06月08日 17時45分 公開

東大とNTT、情報通信分野で共同研究

[ITmedia]

 東京大学とNTT(持ち株会社)はこのほど、情報通信分野で共同研究を行う契約を結んだ。ブロードバンドや情報処理などの分野で新製品やサービスの開発を目指し、共同で「Proprius21推進委員会」を設置する。産学連携で研究を行う東京大学のプログラム「Proprius21」の一環。

 これまでは研究者同士の個人的なつながりをベースに共同研究を行ってきたが、今後は連携を強め、研究分野やスケジュールを議論して実用化につなげる。技術関連だけでなく社会・経済学分野にまでまたがった研究も行いやすくする。

 共同研究プロジェクトも立ち上げ、具体的な製品やサービスの創出も目指す。ポストドクターや大学院生に研究の機会を提供したり、インターンシップを実施するなどして幅広い分野の研究者の交流を促すプログラムも行う。

 Proprius21は、産学連携の研究で目に見える成果を上げるため、企業のニーズに合った研究課題や研究計画を立案したり、学内の研究者とのマッチングを行うプログラム。

関連キーワード

NTT | 東京大学


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.