ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2007年06月15日 08時00分 UPDATE

CiscoとIBM、通信サービス業界向け製品で提携

1999年以来の提携関係にある両社が、通信サービス向け製品へ提携を拡大。CiscoのプラットフォームとIBMのTivoliソフトを組み合わせた製品を7月に投入する。

[ITmedia]

 米Cisco Systemsと米IBMは6月14日、両社間の提携を拡大し、通信サービス業界向けの製品の提供を共同で行うと発表した。提携に基づき、CiscoのActive Network Abstraction(ANA)プラットフォームと、IBMのTivoliソフトウェアを組み合わせたソリューション「Cisco Assurance Management Solution」を7月に投入する。

 Cisco Assurance Management Solutionは、サービス保証と障害管理のためのソリューション。CiscoのANAプラットフォームの仲介機能と、Tivoli Netcool/OMNIbusおよびNetcool/Precision技術を組み合わせることで、ネットワーク障害の監視、切り分け、リアルタイムサービス管理などを可能にする。通信サービス企業のIPベースネットワーク管理を効率化するとともに、導入・メンテナンスのコスト削減にもつながるという。将来的には、Tivoliのほかの技術も組み入れる予定。

 CiscoとIBMは、1999年以来の提携関係にあり、コミュニケーションプラットフォームや危機管理サービスの分野などでも提携している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.