ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2007年06月20日 09時08分 公開

Gateway、ノートPC用バッテリーをリコール

自主交換の対象となるのは、2003年の5〜8月に米国で販売されたノートPC用のバッテリー。

[ITmedia]
対象となるバッテリー

 PCメーカーの米Gatewayは6月19日、リチウムイオンバッテリー約1万4000台の自主交換を発表した。対象となるバッテリーは、特定の状況下で加熱して出火する恐れがあるという。Gatewayでは、米消費者製品安全委員会(CPSC)と協力して対象バッテリーの交換に当たる。

 自主交換の対象となるのは、2003年5月から8月までの間に米国で販売された、ノートPC「400VTX」および「450ROG」用のバッテリーで、部品番号が「6500760」もしくは「6500761」のもの。主電源としてノートPCに搭載されているほか、交換用バッテリーとして販売された可能性もある。

 Gatewayでは、専用のWebサイトや電話での問い合わせ窓口を開設し、対応に当たる。対象バッテリーの交換は無償。Gatewayでは、バッテリーのサプライヤーと、自主交換関連の費用負担について交渉中だという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.