ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2007年08月17日 08時16分 公開

Sprint Nextel、2010年までにWiMAXに50億ドルを投資

同社では、WiMAX事業は2010年度には20億〜25億ドルを売り上げ、黒字化するとみている。

[ITmedia]

 米Sprint Nextelは8月16日、WiMAX事業に関する今後の見通しを明らかにした。2010年末までに約50億ドルの設備投資を見込んでおり、同事業の売上高は2010年度に20億〜25億ドルに達し、償却前営業利益が黒字化するとみている。

 同社のWiMAXサービスは、「XOHM」ブランドで提供する。シカゴとワシントンD.C.で年末までにネットワークを立ち上げ、2008年初めにXOHMサービスの提供開始を予定している。設備投資額は、2008年末までに25億ドルを予定。以降は事業の成功度合いによるが、2010年末までに1億2500万人をカバーする計画を達成するには、ネットワーク構築などにさらに25億ドルの投資が必要になるとみている。

 Sprintは、WiMAXチップセットの開発では米Intelや米Motorola、韓国Samsungと、インフラ設計や端末の提供ではフィンランドNokiaと、ネットワーク構築では米Clearwireと提携。また、Web検索やコミュニケーションツールなどのインターネットサービスの提供では、米Googleと提携している。

関連キーワード

WiMAX | Sprint Nextel


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.