ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2007年09月07日 09時47分 公開

Gateway、法人部門売却

法人部門の売却により、Gatewayはコンシューマー市場に集中する。

[ITmedia]

 米PCメーカーGatewayは9月5日、法人部門を米MPC Corporationに売却すると発表した。

 売却額は、MPC株の9月4日終値を基に計算すると約9000万ドル。MPCは中小企業や政府機関、教育機関向けにITハードウェアソリューションを提供している企業。

 Gatewayは、今後はコンシューマー事業に集中するとしている。同社は先月末に、台湾のPCメーカーAcerへの身売りを発表、その際に法人事業の売却交渉を進めていると明らかにした。Acerはコンシューマー向けノートPCに力を入れている。

 この取引は今後、規制当局の承認を得て、第4四半期初めに完了する見込み。

関連キーワード

Acer | 買収


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.