ITmedia NEWS >
ニュース
» 2007年09月12日 19時57分 UPDATE

検索結果を5W1Hで分けて表示、gooラボの新サービス

「When」なら時間に関連する検索結果を、「Who」なら人に関連する結果を――5W1Hの項目別に結果を表示する検索サービスが、gooラボで始まった。

[ITmedia]
画像

 NTTレゾナントは9月12日、実験サイト「gooラボ」で、検索キーワードに関連したページを「When」(いつ)、「Who」(誰)、「How」(どのように)など5W1Hの項目別に表示するサービス「5W1H検索」を始めた。

 キーワードを入力して検索すると、例えば「When」の項目の検索結果には、年や月など時間に関係するような言葉が多く含まれたページを表示する。

 「旅行」を検索すると、「Who」では一緒に旅行をしたい有名人のランキングを表示したサイトや旅行代理店スタッフが書いたブログ、「How」では旅行手順などが書かれたサイトなどの一覧が閲覧できる。

 同社は「検索サービスに不慣れな人でも、簡単に目的に合った情報を得られる」としている。

 gooラボには、検索サービスの実証実験を行う「検索UIラボ」があり、5W1H検索は「スクロール検索」「goo-mix検索」「空とび検索」に続く4つめの企画。

imageimage 「ITmedia」で検索してみた。「How?」では「〜方法」、「Who?」では「〜生まれた」を含む記事が表示された

関連キーワード

検索 | goo | gooラボ | NTTレゾナント


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.