ITmedia NEWS > 科学・テクノロジー >
ニュース
» 2007年09月20日 14時43分 公開

PS3が貢献、Folding@homeが1ペタFLOPS達成

PS3ユーザーが「Folding@home」に参加できるようになってから半年、処理能力の8割を貢献するまでになった。

[ITmedia]

 プレイステーション 3(PS3)の貢献により、分散コンピューティングプロジェクト「Folding@home」が1P(ペタ)FLOPSの処理能力に達した。

 Folding@homeは、世界中のコンピュータの処理能力を集めて巨大なスーパーコンピュータを形成し、タンパク質解析を行う医療研究プロジェクト。米スタンフォード大学が進めている。

 ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)は3月に、PS3ユーザーがこのプロジェクトにCPUパワーを提供するためのプログラムをリリースした。これまでに約60万人のPS3ユーザーが登録したという。

 現在PS3が貢献している処理能力はおよそ800TFLOPSで、全体の約8割を占める。

Folding@homeへの貢献:OS別(9/19現在)
OSの種類 TFLOPS アクティブCPU数 全CPU数
Windows 163 171811 1795213
Mac OS X/PowerPC 7 9335 105458
Mac OS X/Intel 13 4140 23448
Linux 36 21396 244838
GPU 43 722 4211
PS3 805 33812 249727
合計 1067 241216 2422895
(資料:Folding@homeプロジェクト)

 SCEは、1PFLOPS達成によって、今後10年は不可能だったはずの研究ができるようになったと発表文で述べている。Folding@homeの成果は、アルツハイマー病、パーキンソン病、がんなどの治療に役立てられる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.