ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2007年09月28日 08時24分 公開

iRobot、お掃除はしない家庭用ロボットを発表

「iRobot ConnectR」は、ビデオカメラやマイク、スピーカーなどを搭載したロボット。リモート操作で子供部屋などを「バーチャル訪問」できる。

[ITmedia]

 米iRobotは9月27日、家庭用ロボット「iRobot ConnectR」を発表した。「新しいコミュニケーションシステム」で、同社が掃除やメンテナンスの域を超え、「バーチャルコミュニケーションやインタラクションという新カテゴリーへ参入する重要なステップ」だとしている。

 iRobot ConnectRは、同社のお掃除ロボット「Roomba」程度の大きさのボディに、ビデオカメラやスピーカー、マイク、ヘッドライトを装備。家庭のワイヤレスネットワークに接続し、コンピュータのキーボードやマウス、ジョイスティックなどで簡単に操作できる。子供部屋や居間などをリモート操作で「バーチャル訪問」し、ビデオカメラと双方向の音声コミュニケーション機能を使って子供に絵本の読み聞かせをしたり、ペットの様子を確認したりできる。Roombaなどと同様、バッテリーが切れそうになると自動的に充電ベースに戻るようになっている。

irobot 子供に読み聞かせをするConnectR

 2008年初めに発売予定。基本価格は500ドルを切る設定になるという。正式発売に先立ち、ConnectRを199ドルで購入できる数量限定のパイロットプログラムを2007年末に実施する。

 iRobotでは、雨どい専用のお掃除ロボット「iRobot Looj」も併せて発表している。

irobot2 Looj

関連キーワード

ロボット | 子供


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.