ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2007年10月04日 19時57分 UPDATE

「Eudora」日本語版、販売終了

「Eudora」日本語版の販売が9月28日に終わった。現在使われているEudoraは引き続き使えるが、試用版は試用期間が終了すると使えなくなる。

[ITmedia]
画像 「Eudora7J」の画面

 ソニック・ソルーションズは、電子メールソフト「Eudora」日本語版の販売を9月28日に終了した。「開発元の米QUALCOMMとの契約期間が終了したため」としている。

 販売が終了したのは「Eudora 7J for Windows」と「Eudora 6.2J for Mac OS X」。現在使われているEudoraは引き続き使えるが、試用版は試用期間が終了すると使えなくなる。サポートは12月21日午後5時まで続ける。

 Eudora日本語版は、同社が2006年にライブドアから販売業務を引き継いでいた(関連記事参照)

 米QUALCOMはEudoraの次期バージョンをオープンソース化し、無料で提供すると発表している。

関連キーワード

Eudora | オープンソース | 無料


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.