ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2007年10月10日 17時35分 UPDATE

「モバゲー」に独自開発の検索エンジン ポータル化加速

「モバゲータウン」に独自開発の検索エンジンを導入し、全会員に開放した。「ポータルサイト化に向けた重要な機能」と位置付け、ケータイユーザー向けにチューニングを施していく。

[ITmedia]

 ディー・エヌ・エーは10月10日、携帯電話向けゲーム&SNSサイト「モバゲータウン」にサイト検索サービスを導入した。7月から一部会員向けに試験的に導入してきたが、オープンβ版として全会員に開放する。「ポータルサイトに向けた重要な機能を実装できた」として今後、精度向上などに取り組んでいく。

 一般の携帯向けサイト検索のほか、Wikipedia、掲示板、ブログ、Q&Aサイト、画像、動画──の各検索機能を備えた。トップページから「お役立ち」→ニュースページ内の検索機能をたどれば利用できる。

 画像・動画検索を除き、同社が自社開発したエンジンを利用している。携帯電話をメインにネットを利用するユーザーならではの行動特性や利便性など、モバゲータウンの運営で蓄積してきたノウハウを反映させたという。自社開発することで、ニーズや利用動向に応じたチューニングを随時、迅速に行えるメリットもあるとしている。

 「moba-crawler」情報も公開。クロール元IPアドレスの接続を許可するよう、携帯向けサイト運営者に協力を呼び掛けている。

 モバゲータウンの9月末会員数は743万人。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.