ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2007年10月16日 08時37分 公開

Nortel、不正会計疑惑をめぐりSECと和解

和解に伴い、3500万ドルを支払うことで合意している。

[ITmedia]

 カナダのNortelは10月15日、過去の会計処理をめぐる問題について米証券取引委員会(SEC)と和解に至ったと発表した。SECは同社が不正会計を行ったとしてニューヨーク州南部地区連邦地裁に提訴していた。

 訴訟は、Nortelが2000年から2003年にかけて、実績と目標値との差を埋めるため、不正な会計処理を行ったとして起こされたもの。

 和解に当たりNortelは、不正行為については肯定も否定もしていないが、米連邦証券取引法上の条項違反を行わないことと、3500万ドルの支払いに合意した。また、会計問題に関する改善措置の進捗などについて、四半期ごとにSECに書面で報告を行うことでも合意している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.