ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2007年10月17日 15時29分 公開

Nokia、S60プラットフォームの新機能を発表

S60の新版には、タッチスクリーンからの入力に触覚的な反応を返す機能などが追加される。

[ITmedia]

 フィンランドのNokiaは10月16日、Symbian OSをベースとしたスマートフォン向けプラットフォーム「S60」に幾つかの新機能を追加したと発表した。2008年にS60対応端末メーカーに提供開始予定。

 S60のライセンス所有者は、指とスタイラスの両方に対応するタッチスクリーン搭載端末を開発できるようになる。通常のキーパッドやQWERTYキーボードと組み合わせるだけでなく、入力方式としてタッチスクリーンのみを利用することも可能。また、「触覚フィードバック」により、ユーザーが入力時にタッチスクリーンからの「反応」を触覚的に得ることができ、入力できたかどうかが分かりやすくなる。

 また、「UI Accelerator」ツールキットにより、従来より簡単にグラフィカルな環境を開発できるようになる。

 さらに、YouTubeなどのFlash動画を携帯端末で閲覧できるようになる。Flash動画に対応する携帯向けプラットフォームはS60が初めてという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.