ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2007年10月19日 10時04分 公開

SAP、増収増益

SAPの7〜9月期決算は、売上高は前年同期比9%増、純利益は10%増。為替変動影響を除けば、売上高は13%増になる。

[ITmedia]

 独SAPが10月18日発表した第3四半期(7〜9月期)決算は、売上高は24億2000万ユーロで前年同期比9%増、純利益は同10%増の4億800万ユーロ(1株当たり0.34ユーロ)だった。為替変動の影響を除くと、売上高は同13%増になる。

 ソフトウェア収入は7億1500万ユーロで、前年同期比11%増。ソフトウェアおよび関連サービスからの収入は17億4000万ユーロで、同13%増だった。SAPによると、中核エンタープライズアプリケーション市場における同社シェアは、第3四半期末時点で27%。前年同期末時点の23.5%、前四半期末時点の26%を上回った。

 「引き続き力強い四半期業績を報告でき、うれしく思う」とヘニング・カガーマンCEO。SAP ERPとSAP NetWeaverの両製品を採用する顧客が増えているという。

 同社ではこれまで、ソフトウェアおよび関連サービスからの収入について、2007年通年で前年比12〜14%増(為替影響除く)とみていたが、好調な業績を反映し、従来予測の「上限近くに達する」との見通しを示している。

関連キーワード

SAP | Oracle(オラクル)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.