ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2007年10月24日 22時18分 UPDATE

ライブドアHD、平松社長退任 新社長に石坂氏

ライブドアホールディングスの社長が、平松庚三氏から石坂弘紀氏に交代する。法務に強い経営コンサルタントの石坂氏に、訴訟対応などを任せる。

[宮本真希,ITmedia]

 ライブドアホールディングス(HD)は10月24日、平松庚三社長(61)が退任し、経営コンサルティング会社アリックス・パートナーズの石坂弘紀バイスプレジデント(34)が新社長に就任する人事を発表した。12月の株主総会後の取締役会で正式決定する。

画像 平松庚三氏(左)と石坂弘紀氏

 「会社の再建にある程度のめどが立った」と平松氏は言う。ライブドア(事業会社)は2007年9月期中の単月黒字化に成功。弥生の売却も決まるなど、子会社の整理にも一段落付いた。今後は、上場廃止で損害を被った株主による損害賠償請求や、旧経営陣に対する訴訟対応などが重要になるため、米国ニューヨーク州弁護士資格を持つ石坂氏にバトンタッチする。

 石坂氏は、通商産業省に入り、コロンビア大学ビジネススクール日本経済研究所・客員教授などを経て、産業再生機構へ出向していた経歴も持つ。ライブドアには昨年9月から経営コンサルタントとして関わってきた。

 「元気なライブドアにしたい」と石坂氏は決意を述べる。今後の再建計画については「具体的なプランを今発表することはできないが、事業再生の専門家として、事業価値の最大化を図っていきたい。ライブドアのブログやRSSリーダーは日本でトップなので、これからも伸ばしていく」と話した。子会社の売却については「今後も可能性はあると思うが、具体的なことは何もない」とした。

 平松氏は昨年1月社長に就任。「混乱の中での社長就任だったが、社員に助けられここまでやってこれたことをうれしく思う。野球に例えると、ブルペンどころかベンチ入りもしてなかったのにいきなりノーアウト満塁のマウンドに立ったようなものだった。バックにも助けられ、中継ぎの役割は果たせた」と振り返る。

 「私は60の小僧だからやりたいことはまだまだある。社長退任後のライフプランについては、正月明けにアリゾナの砂漠をハーレーダビッドソンのバイクで走ることだけ決まっている」(平松氏)

関連キーワード

ライブドア | 社長 | 経営 | 弥生 | コンサルタント


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.