ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2007年10月25日 10時17分 公開

IBM、NovusCG買収でストレージ事業を強化

NovusCGは、ストレージソリューションの提供企業。IBMは今年、ストレージ管理のSoftekを買収しており、ストレージ事業の強化を進める。

[ITmedia]

 米IBMは10月24日、ストレージソリューション企業の米NovusCGの買収で合意に達したと発表した。買収金額は非公開。買収後、NovusCGはIBMのグローバルテクノロジーサービス部門のストレージ&データサービス事業の一部となる。

 NovusCGは、ストレージ分析やリポーティングソフトウェアなどを提供している。中堅企業から国際的な大企業まで幅広い層を顧客に持ち、カバーする業界も金融機関や政府関連、ヘルスケア、小売業、通信業界まで多岐にわたるという。IBMは、2003年からNovusCGとパートナーシップを結んでおり、ほかにもCisco SystemsやComputer Associates、EMC、Hitachi Data SystemsなどがNovusCGのパートナー企業として名を連ねる。

 買収に伴いIBMでは、NovusCGの製品やサービスなどをIBMのストレージ関連サービスやハード、ソフトに組み入れる。IBMでは今年、ストレージ管理ソフトのSoftekを買収しており、NovusCG買収でさらにストレージ事業の強化を進める。

関連キーワード

買収 | IBM


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.