ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2007年12月04日 08時41分 公開

Six Apart傘下のLiveJournal、ロシアのSUPが買収

SUPは2006年以来、ロシアでLiveJournalの運営に携わっていた。買収に伴い米国に会社を設立し、LiveJournalの管理や運営に当たる。

[ITmedia]

 米Six Apartとロシアのメディア企業SUPは12月3日、Six Apart傘下のブログサービスLiveJournalをSUPが買収したと発表した。買収金額は非公開。SUPは、米国に設立した新会社LiveJournal Inc.を通じ、LiveJournalサービスの管理運営に当たる。

 SUPは、2006年10月に締結したライセンス契約に基づき、ロシアでLiveJournalを展開していた。現在、LiveJournalの国別アカウント数でロシアは米国についで多く、月間閲覧者数の28%はロシアが占めるに至っているという。

 Six Apartは、2005年1月に創業者からLiveJournalを買収して以来、電子メールやインスタントメッセージング(IM)、モバイル対応などさまざまな新機能を追加し、アカウント数を500万から1400万へと拡大した。MemcachedやMogile、Perlbal、OpenIDなど、LiveJournalチームがSix Apart傘下で開発したオープンソースプラットフォームは、CraigslistやFacebook、Wikipediaなどにも採用されている。

 Six ApartはLiveJournal売却後も、オープンソースプラットフォームへの積極的な投資やプロモーションを継続するという。また、少なくとも今後12カ月は、広告主やスポンサーへの対応も継続するとしている。

 LiveJournalは「lj_2008」でこの買収に関する質問を受け付けている。また同社の向こう100日間のロードマップもこのコミュニティーで公開されている。

関連キーワード

Six Apart | 買収 | コミュニティー


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.