ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2007年12月19日 08時54分 公開

新興企業Nanosolar、超低価格の薄膜太陽電池パネルを商業化

シリコンを使わないプリント技術による薄膜太陽電池で、1ワット当たり99セントでパネルを販売しても利益が出ると見積もっている。

[ITmedia]

 太陽電池開発企業の米Nanosolarは12月18日、開発に5年間を費やした薄膜太陽電池パネルの出荷開始を発表した。

solar Nanosolar Utility Panel

 同社は太陽発電システムメーカーの独Beck Energyとともに、ドイツの太陽発電所から契約を受注。初の製品である「Nanosolar Utility Panel」を出荷した。同発電所の当初の発電力は1メガワットで、約400世帯への電力供給が見込まれるという。

 Nanosolar Utility Panelは、同社「PowerSheet」シリーズの一製品。同シリーズはPopular Science誌によって「2007年の最高のイノベーション」に選出されている。

 Nanosolarのマーティン・ロスシェイゼンCEOによると、この太陽電池は、商業ベースとしては世界初のプリント技術による薄膜太陽電池であり、1ワット当たり99セントでパネルを販売しても利益が出ると見積もっている。

関連キーワード

太陽電池


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.