ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2008年01月12日 09時16分 公開

Google MapsにWeather ChannelのMapplet――空港やゴルフ場の天気もチェック可能に

The Weather Channel Interactiveが、Google Mapsに気象情報を提供。現在の気温や天気のほか、天気予報へのリンクなども表示できるようになる。

[ITmedia]

 米The Weather Channel Interactive(TWCI)は1月10日、Googleの地図サービスGoogle Maps向けの気象情報Mappletを発表した。

maps

 気象データは、190万カ所の現在の気象情報を提供するTWCIの「High Resolution Aggregated Data(HiRAD)」によるもの。気象情報の表示場所を「都市」「空港」「米国のゴルフ場」「スキーリゾート」などから選択できる。「空港」を選択すると、Google Maps上で空港のある地点に、現在の天気と気温を示すアイコンが表示される。クリックすると、湿度や風速、紫外線情報などの現在の気象情報のほか、その地点の天気予報へのリンクも表示される。アイコンは、悪天候の場合などは赤で表示され、警報などの情報も確認できる。天気予報は、翌日、1時間ごと、10日間などから選べるほか、一部の地点では動画による天気予報も利用可能。

 さらに、雲の様子やレーダーなどを、Google Maps上に重ねて表示することも可能。「米国の雲とレーダー」、「世界の雲」などから選んで表示できる。

 TWCIは、Google Earthにも気象情報のレイヤーを提供している。

関連キーワード

Google | 天気 | Google Maps | Google Earth


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.