ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2008年05月13日 07時51分 UPDATE

GoogleとFacebook、それぞれデータポータビリティ技術を発表

プロフィール情報を他サイトで利用可能にしたMySpaceに続き、GoogleとFacebookもデータポータビリティ技術「Google Friend Connect」と「Facebook Connect」をそれぞれ発表した。

[ITmedia]

 米Googleと米Facebookが、ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)の友人リスト、個人のプロフィール情報などを、外部のサイトでも安全に利用可能な、いわゆるデータポータビリティを実現するサービス「Google Friend Connect」「Facebook Connect」をそれぞれ発表した。

 Googleの5月12日の発表によると、Google Friend Connectを導入すると、Webサイトオーナーはスニペット(目的別に用意された短いコード)を追加するだけで、ユーザー登録、招待、メンバーギャラリー、メッセージ投稿、レビューなどのSNS機能や、OpenSocial開発者コミュニティーが開発したアプリケーションをWebサイトに簡単に組み込むことができるという。

 Friend Connectを導入したWebサイトを訪れたユーザーは、OpenID、OAuth、OpenSocialなどによる認証でログインし、自分のSNSの友人をそのサイトに招待したり、コメントを送ることができる。現在、Facebook、Google Talk、hi5、orkut、PlaxoなどのSNSの友人リストを、Google Friend Connectによってほかのサイトでもそのまま利用できるとしている。

 Facebookが5月9日に発表したFacebook Connectも、Webサイトにデータポータビリティ機能を持たせるサードパーティー向けのAPI。このAPIによりサードパーティーのWebサイトは、FacebookアカウントによるログインなどのFacebook機能を提供できるようになる。

 Facebook Connectを導入したWebサイトにFacebookアカウントでログインしたユーザーは、そのWebサイトでも自分の友人リストやプロフィール、プライバシー情報などを含むデータを利用できる。

 なおFacebookは、今後数週間以内にFacebook Connectを一般公開するとしている。

関連キーワード

Facebook | Google | SNS | API | コミュニティー | OpenSocial


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.