ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2008年05月14日 10時45分 UPDATE

デル、仮想化事業を強化

デルが仮想化事業を強化。仮想化向け新型サーバを投入するほか、ソフトウェアのOEM提供、ストレージアセスメントサービスを始める。

[ITmedia]

 デルは5月13日、仮想化事業を強化すると発表した。仮想化向け新型サーバを投入するほか、ソフトウェアのOEM提供、ストレージアセスメントサービスを始める。

 サーバは、ラック型サーバ「PowerEdge R805」(53万7600円から)、「同R905」(81万7950円から)の2機種。複数OSを稼働させるためにクアッドコアOpteronを採用し、R805は2ソケット、R905は4ソケット。R805はDIMM×16スロットを搭載、最大128Gバイトまでメモリを拡張できるなど、仮想化に適したサーバとして開発した。

 サーバ仮想化ソフトとして、従来のVMware Infrastructure 3に加え、新たにVMware ESXi 3.5とCitrix XenServer 4.1の提供も始める。それぞれフラッシュメモリストレージにインストール完了した状態で出荷するため、開梱後すぐに仮想化サーバとして追加できるとしている。

 仮想化の導入を検討している企業にストレージ統合ニーズが高まっていることをうけ、ストレージのアセスメントサービスを5月下旬に始める。EquallLogic製品を活用し、ストレージ管理の簡素化を支援する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.